ビズリーチが行っている営業電話とは

人材関連の企業に対しては、たまに電話に関する情報がWEB投稿されています。具体的に申し上げると、ビズリーチという会社です。ヘッドハンターの方々によるお仕事紹介が行われる会社ですが、稀に営業電話に関わる問題がクローズアップされています。

 

1.ビズリーチは営業電話はしている

 

そもそも人材関連の企業としても、やはり様々な会社に対してアプローチはしています。ビズリーチも例外ではありません。理由は、もちろん売り上げ数字です。売上をアップさせる為に、企業に対して電話はかけています。その証拠に、ビズリーチから営業電話が行われている事例は、WEBにて確認する事ができます。たまに何回も電話がかかってきている事例も確認できるのですね。一部の方々は、その電話で閉口してしまっています。

 

2.人材ではなく企業担当者に電話するビズリーチ

 

ちなみにビズリーチが電話をかけるとしたら、たいていは企業に対してです。ビズリーチはヘッドハンターが、優秀な人材を確保するサービスではあります。ただビズリーチは、ヘッドハンターが優秀な人材にアプローチをすると言うより、むしろ企業側に電話をするケースが多いです。つまり「採用活動の為に、弊社ビズリーチのサービスを活用してみませんか」というスタイルですね。それで企業担当者に声をかけている事例が多い状況です。

 

3.迷惑なら問い合わせでストップ可能

 

一般的には、多くの企業はそのような電話を敬遠しがちです。そもそも企業によっては、人材確保を求めていない事もあるでしょう。特に人手が不足していないので、わざわざビズリーチと契約をする必要も無いからです。ただビズリーチからの電話がしつこい時でも、問い合わせをすれば問題はありません。ビズリーチの公式サイトを通じて、電話が迷惑ですと伝えれば、たいていはストップしてくれるからです。これはビズリーチに限らず、全ての営業電話に対して言える事です。

 

4.営業がきっかけで契約した事例も

 

逆にその営業電話が、一部の企業にとってプラスになっている事例もあります。人手が足りない企業に対してビズリーチから電話がかかってきて、「ちょうど良いタイミングだったので契約します」と感謝されている事例も確かにあるからです。営業電話にはマイナスの面もあれば、プラスの面もある訳ですね。つまり営業電話に関しては、次のように言えるでしょう。

 

  • ビズリーチは売上の為に電話をかけている
  • 企業担当者に電話をしている
  • 問い合わせをすれば電話は来なくなる
  • 営業電話をきっかけに契約するパターンもある

 

 

営業電話への対応方法

 

いずれにしても、ビズリーチは営業電話は行っています。上記のように契約する事例もありますから、話を聞いてみるのも一法でしょう。逆に人手を確保するニーズが無い時は、基本的に電話でお断りをすれば問題ありません。それでも電話が来る時には、上記のように問い合わせをすると良いでしょう。