ビズリーチと掲載企業に対する手数料の特長

転職サイトは、人手を求める企業にとっては大変便利です。優秀な人材を見つけた時にはスカウトする事ができますし、急いで人材を確保できる事も多いからです。ただ、やはり手数料の問題があるのも否めません。ビズリーチには、その手数料に関するメリットがあるのです。

 

1.広告数が多いと手数料も多くなるネック

 

一般的な転職サイトでは、求人の掲載数に応じて手数料が徴収されるパターンがほとんどです。例えば広告を1つ掲載した時には、数万円だとします。広告の件数も、1つだけならあまり大きな手数料にはなりません。ところが数多くの広告を出すと、それだけ多くの手数料を払うことになってしまいます。広告を100件出せば、数百万になってしまうでしょう。

 

2.掲載できる数は無制限

 

ところがビズリーチの場合は、広告の掲載数に関する制限はありません。いくつ掲載しても、料金は一律になるのです。ですので上記のように100の広告を掲載しても、手数料が変わらないシステムになります。では具体的にそれが何円になるかは、ビズリーチへの問い合わせが必要です。ビズリーチとしては、その情報を一般公開していないからです。ビズリーチでは、価格表をダウンロードする事になるシステムですね。あえて非公開にしているのは、ビズリーチの大きな特徴の1つと言えます。

 

3.年収に応じて手数料が変動する他社のシステム

 

また他社のサービスでは、年収に応じて手数料が変わるシステムが多いです。例えば年収の30%が手数料として徴収されるルールだとします。その場合、採用時の決定年収が400万なら、サービス会社には120万を支払う事になるのです。1,000万円なら、もちろん300万ですね。

 

4.年収にかかわらず手数料は一律になる

 

ところがビズリーチの場合は、年収には左右されません。上記の300万でも1,000万円でも、採用時の手数料は一律料金になります。ましてビズリーチの場合は、ハイクラスの人材を採用する事になるでしょう。いわゆる幹部クラスの人材を雇用するだけに、上記の他社のシステムでは300万ほど払うことになってしまいます。しかしビズリーチは、それよりも手数料を低く抑えられる事もあります。したがってビズリーチには、手数料に関する次のような特長があります。

 

  • ビズリーチは広告を幾つ掲載しても手数料は一律
  • 他社では広告数によってはかなり高くなる
  • ビズリーチでも年収にかかわらず手数料は一律
  • 他社は年収に応じて手数料が変わる

 

ローコストで採用できる魅力

 

このようにビズリーチは、手数料に関するシステムが他社と異なる訳です。広告数や採用時の年収によっては、むしろ他社よりも手数料が安く収まるケースもあります。採用コストを抑えて優秀な人材を確保できれば、それに越した事は無いでしょう。費用を抑えて幹部クラスの方々を雇用したい時には、ビズリーチに相談してみるのも一法です。